HAMILON ホーム製品情報スーパーコード Super Cordテクノーラ繊維特性

ハイテク繊維系組紐 テクノーラ繊維特性

テクノーラ繊維特性

テクノーラは帝人株式会社が独自の技術によって1987年に商業生産を開始したパラ型アラミド繊維で、高強力、高弾性を有し、更に耐熱性、耐薬品性にも優れた新しい合成繊維です。

1高強力

引張強度は同一重量のスチールの8倍、ガラスやポリエステル・ナイロンの3倍に相当し、軽量化に大きく寄与します。

引っ張り強度(原糸)/引っ張り強度(樹脂含浸)

2耐疲労性

一般に強度の高い繊維は、磨耗・屈曲・伸張にたいしての強力低下が大きいのですが、テクノーラは優れた耐疲労性を示します。

テクノラーの耐久性・疲労性

3寸法安定性

剛直な分子構造と高度に配向された分子形態のため、高弾性率・低クリープ・低応力緩和であり、また熱収縮や熱膨張係数も低いため寸法安定性に優れます。

4耐熱性

分解開始温度は約500℃です。250℃でも常温の半分以上の強度を示し、200℃では長時間の使用に耐えます。

テクノーラの耐温熱性

5耐化学薬品性

有機溶剤はもちろん、酸およびアルカリの両方に対して高い抵抗性を示します。また海水や水蒸気に対しても安定しており、温熱で180℃まで耐えるなど、耐加水分解性にも優れています。

テクノラーの耐アルカリ性

テクノラーの耐酸性


ページの先頭に戻る